風俗の枯渇を防ぐ

風俗が特別な存在になったのはソープです

風俗と言うか、ソープが好きなんです。ソープは風俗の頂点に君臨していると言っても過言ではないと思うんですけど、ソープに関して言えば、他の風俗と違って自分でも燃えられるじゃないですか。それこそ汗まみれになって相手の女の子をとことん攻めることが出来ます。しかも攻めるだけじゃないんですよね。攻めることによってこちらの快感にもつながるじゃないですか。他の風俗の場合、女の子を攻めることは出来ますけど、結局指かオプションかで、どれだけせめても興奮はしますけど、こちらの快感が高まることはないんですよね。でもソープだけは攻めることによって、こっちまで快感になるじゃないですか。攻めと快感が連動しているのはソープだけなんじゃないかなって思うので、それもあって、ソープが一番かなって思うんですよね。他の風俗出は出来ないことが出来るというだけでも、ソープを利用するだけの価値はあるんじゃないかなって思いますし、実際そこがメリットですよね。

実力とかじゃないんです

個人的にですけど、風俗ってそんなに実力とかじゃないと思うんですよね。女の子との相性だと思うんですよ。だからテクニシャンだからと言って必ずしも自分にも必ずマッチしている女の子になるとは限らないじゃないですか。それよりも自分に合っているなと思うような女の子を選んでおいた方がいろんな意味で楽しめるんじゃないかなって思いますけどね。自分が風俗を楽しむ時にはいつもそうしているんです。ホームページを見ればどんな風俗嬢なのかくらい、何となくですけど分かるじゃないですか。それを見て、自分に合っているのかどうかを考えて、合っているかなって思えるようであれば指名するんです。それだけでも十分に楽しめると思うので、風俗では最近では相性重視ですね。ここら辺は風俗というよりも、どのサービスにも言えることかもしれないんですけど、自分が良いって思える女の子を選ぶことこそが成功の何よりの秘訣なのかなって思えるようになってきたんです。