風俗の枯渇を防ぐ

現実的。でも楽しかった

甘い雰囲気を作ってくれる風俗嬢もいますけど、彼女はリアリストというか、かなり冷静な現実主義者。はっきり言って、こういったタイプの風俗嬢が苦手って人もいるんじゃないですかね(苦笑)同僚とかであればともかく、風俗という男にとっては夢のような時間で現実的な視線を向けられても、それはそれで面倒なだけなんじゃいかなって思うんですよね。でも、話していて分かったんです。彼女は現実主義者でとっても冷静ではあるんですけど、その一方で決して冷めている訳では無いんです。お客を突き放そうとして居る訳でもないんです。二人の空間という現実の中で、何をすべきなのかということを真剣に考えてくれているんじゃいかなって思ったんですよね。その点では彼女は実はハイレベルであると共に、分かりにくい部部かもしれないんですけど相手への奉仕精神も持っている、実は優しい風俗嬢だったんじゃないかなって。それを知れただけでも収穫だし、何より満足出来ましたしね。

後輩と遭遇した関係

会社の後輩とまさかと言うところで遭遇してしまいました。それは風俗嬢とお客と言う立場です。もちろんこちらがお客です。驚いたのは、その後輩はあまり派手なタイプではないんです。むしろ地味と言うか、社内でも大人しいと評判だったんです。同僚で「あの子は絶対に処女」と言い張っている人間もいるほど。そんな雰囲気の後輩が風俗嬢として自分の目の前に立っているんです。相当頭が真っ白になりましたよ。もちろん後輩はかなり気まずそうにしていました。会社の近くの風俗街ではなく、少し離れたところだっただけに、余計この出会いにびっくりしてしまいましたけどでも楽しませてもらいました。会社には黙っていてくれって言われましたけど、こんなこと言えるわけがないじゃないですか(苦笑)だから彼女と自分だけの秘密にしようと。そんな関係になったのもまた、実は嬉しかったりしますけど、また彼女とのプレイが楽しめたらなって思っている自分もいます。